アメリカ不動産投資をはじめよう|投資タイミングを調べる

中年の男性

アメリカの物件がおすすめ

マンション

アメリカ不動産投資をすると外国勢控除制度を受ける事ができ、2重化税を是正できるというメリットがあります。さらに確定申告の時海外と日本の所得を合算できるの損益通算できるのです。アメリカの物件は買うときに修繕工事を必ず行うことになり、耐用年数をリセットできます。

More Detail

海外の市場

電卓と紙幣

アメリカ不動産投資では不動産に関する指標をチェックしたり、政策金利の動向に注意をする必要が出てきます。また、アメリカ不動産投資を行う方法としては、アメリカ向けリート投資信託を購入することのほか、アメリカの不動産株やETFを買うことが挙げられます。

More Detail

投資するコツ

メガネのレディー

リターンを上げるコツ

アメリカ不動産投資で成功させるためのポイントは幾つかあります。まず第一に投資するセクターの特徴を良く見極めるという点です。アメリカ不動産投資で投資対象となる物件タイプには大きくオフィス、アパート、商業施設、倉庫の4種類があります。このうち最も市場規模が大きいのはオフィス市場ですが、オフィスは高いキャピタルゲインが狙える一方で価格の変動幅が他の物件タイプより大きいため、投資タイミングを誤ると価格差損を被るリスクもあるので注意が必要です。相対的に価格が安定しているのはアパートと倉庫ですが、倉庫は専門的な知識やテナント探しが難しいという特徴があります。商業施設は景気動向に左右されやすいという特徴があるので、こうした特徴を踏まえた上で投資物件を選ぶ必要があります。

アメリカ不動産の慣習

アメリカ不動産投資で多くの人が注目をするのが日本でも一般的な物件タイプであるアパート投資です。アメリカのアパート市場に幾つかある慣習の中で押さえておくべきポイントとしては、日本と異なり不動産オーナーの権利が強いという点です。日本では普通借家の場合は、テナントが契約更新の意図を示している場合には通常これに応じなければなりませんが、アメリカではオーナーが自由に賃料を設定する事が可能なため、場合によってはすぐに退去してもらう事が可能です。一方、日本とは異なり礼金を貰うという慣習はなく、また賃料の支払いに関して連帯保証人を求める慣習はありません。尚、アメリカ不動産投資でも敷金のようなコンセプトはあり、これはセキュリティデポジットと呼ばれるものがこれに該当します。

アメリカのリート投資信託

グラフ

アメリカでは人口が増え続けているため、アメリカ不動産投資では価格の上昇も狙えます。また、今後もアメリカは世界経済の中心であり続ける可能性があり、アメリカ不動産投資は安心してできます。そのため、日本の投資家ではアメリカのリート投資信託を購入する場合が多くなっています。

More Detail